腰痛がなかなか治らない・・・原因はどこにあるの?

「様々な腰痛対策をしても痛みがいっこうに
改善しない」「一度よくなってもすぐに痛みがぶり返してしまう」などの悩みを持っている方はと
ても多いですよね。
実は腰痛がなかなか治らない場合、意外な場所に原因が潜んでいることがある
んですよ。
そこで今回は、治らない腰痛の意外な原因についてお伝えします。


1. 心の中の問題が腰痛の治らない原因

心の問題が原因で腰痛が起こることがあります。

大きなストレスを抱えていると、体が緊張状態に
なり、血行が悪化します。
すると、姿勢が悪くなって腰への負担が大きくなったり、痛みの元にな
る物質が溜まりやすくなったりします。

さらに、心の中に問題を抱えていると、痛みを軽減するホ
ルモンの分泌が低下して痛みに体が敏感に反応するようにもなるんですよ。


2. 内臓の問題が腰痛の治らない原因

腰痛がなかなか治らないときは、体の内側にも目を向けることが大切です。
内臓と筋肉は自律神経
を通じてお互いに影響を与え合います。
内臓の機能が低下するなど問題が起きると、筋肉が緊張し
て硬くなり、その影響が腰に表れてしまうのです。


3. 腰と離れた場所の不調が治らない腰痛の原因

腰が痛いからといって、原因が腰周辺にあるとは限りません。
腰が痛くて整体などに行ったとき
に、腰とは全く別の場所を施術されたという経験を持っている方も多いのではないでしょうか?

実は問題が生じている場所と痛みが出る場所が異なることはよくあるんですよ。
腰痛を治すためには、
痛みが出ている腰ではなく、痛みを発信している場所を改善することが大切です。


4. インナーマッスルの衰えが治らない腰痛の原因

腰痛は筋力の低下でも起こります。特に注意しなければならないのは、インナーマッスルです。
インナーマッスルは日常動作では鍛えにくく、意識しなければ加齢とともに衰えてしまいます。
すると、重い上半身を支えられなくなり、腰への負担が大きくなってしまうのです。


5. 姿勢の悪さが治らない腰痛の原因

なかなか治らない腰痛は、首や背骨、骨盤の問題が原因になっている可能性があります。
猫背で首が前に出ていたり、背骨の自然なカーブが失われていたり、骨盤が歪んでいたりすると、頭や上半
身の重さを均等に分散することができず、腰が痛みやすい状態になってしまうのです。
また、足の問題も姿勢を悪くする原因になるので注意が必要です。


いかがでしたか?
腰痛は検査で原因と特定できないことが多く、様々な目に見えない原因が複雑に絡み合って痛みを発していることがほとんどです。腰痛が慢性化している方は、広い視野を持って生活全体を見直してみてくださいね。