アトピー完治のためには食事を変えよう!

現代では子供から大人まで幅広い年齢層においてアトピー性皮膚炎が問題となっています。強い痒みを呈し、未熟な肌細胞が外に露呈してしまうアトピーはとても辛い病気です。
ですが、アトピーだからといって諦める必要はありません。

アトピー完治をしている方はたくさんいます。そして、完治した方が必ず実践しているのが、食事の改革です。今回はアトピー完治のための食事の改革ポイントについてお伝えします。


1. 腸内環境によいオリゴ糖や乳酸菌を摂取する

腸内環境とアトピー性皮膚炎の関係は、研究が進められています。その中で、アトピー患者は腸内環境が悪く、便秘傾向にあり、腸内環境を改善する事でアトピーも快方に向かう事が
報告されています。

アトピーを完治するためには、腸内環境を善玉菌優勢にし、きれいにしてくれるオリゴ糖や
乳酸菌などを摂取する事が効果的です。


2. オメガ3系の油に変える

料理に使う油もアトピーに大きな影響を与えます。よく使われるサラダ油やマヨネーズなどにはオメガ6系のリノール酸が多く含まれるため、日本人はオメガ6系に偏った食生活になっています。けれど、オメガ6系の油はアトピーを悪化させる性質があるのです。

アトピーを完治するためには、アレルギーを抑制してくれるオメガ3系の油を摂るようにしましょう。オメガ3系はEPA・DHA・αリノレン酸であり、青魚や亜麻仁油、エゴマ油などに豊富に含まれています。


3. タンパク質や脂肪の摂りすぎに注意する

動物性タンパク質や脂肪の多い欧米化の食事は腸内の悪玉菌を活性化させ、腸内腐敗を加速させてしまいます。アトピー完治のためには、動物性タンパク質や脂肪の摂取は控えめにしましょう。


4. 水溶性食物繊維が多い食事を心掛ける

逆に腸内の善玉菌を元気にして、腸内環境を整えてくれる食品が水溶性食物繊維です。大麦や海藻類に豊富に含まれる食物繊維です。水溶性食物繊維は、便に水を呼び込む作用もあるので、アトピーの天敵でもある便秘の解消に有効です。


5. よく噛んで食事をする

アトピー完治のためには、弱った胃腸を元気にしてあげる事が必要です。そのためには、消化吸収しやすい食事を心掛けましょう。よく噛んで食事をする事で、胃腸に負担をかけずに消化吸収を行えるようになります。また、食事の摂りすぎも防げるんですよ。


最後に、つまり、アトピー完治のためには、欧米化の食事を野菜や魚中心の和食に変える事が近道なのです。また、腸内環境を整えるためにも、砂糖をオリゴ糖に変えたり、乳酸菌やビフィズス菌をサプリメントなどで取り入れる事も効果的ですよ。

関連記事はこちらから