更年期の症状を悪化させていたのは冷え症だった!

冷え症によって血行が悪化すると、ホルモン分泌が正常に行われなくなり、更年期を悪化させます。この更年期と冷え症の悪縁を切るために効果があるのが、浴剤を使った入浴です。

リラックス効果と血行促進効果を高める事でホルモンバランスを整える事が出来るのです。今回は冷え症を改善して更年期の辛い症状を和らげるオススメの浴剤をご紹介いたします。


1. 松葉エキスなどの生薬が入った浴剤

まず始めにおすすめするのが、薬用植物の入った浴剤です。生薬には様々な効能があり、浴剤に入っている生薬の種類で入浴への効果が変わってきます。

冷え症と更年期を改善するのに、効果的な生薬が松葉エキスです。松葉は古来中国におい
不老長寿を叶える仙人の食べ物として珍重されてきました。特に注目すべき効果は、血液をサラサラにして血行を促進する効果です。

高い血行促進効果のおかげで入浴後しばらく経っても体のポカポカを保つ事ができます。血流が改善する事で各器官に正常な量のホルモンが届けられるようになり、更年期の辛い症状も緩和されますよ。


2. 岩塩などの無機塩類系の浴剤

無機塩類系の浴剤とは、硫酸ナトリウムや炭酸水素ナトリウム、塩化ナトリウムなどを主成分とする浴剤の総称です。これらのミネラル分には、高い温熱効果と保温・保湿効果があるとされており、美容業界でも注目されています。

特に天然の岩塩には、豊富なミネラル分がたくさん含まれており、入浴の際にお湯に溶かす事で、温熱による血行促進効果を得る事ができます。入浴後もミネラル分が皮膚表面に膜を形成するので、効果的に体を保温する事が出来ますよ。


3. 炭酸ガスを発生させる浴剤

最近よく目にするのが、冷え症対策をうたった炭酸ガス系の浴剤です。炭酸ガスが封入されている浴剤には、血管拡張作用があるため、効果的に血行を改善する事が出来ます。炭酸ガス系の浴剤をお湯にいれるとぶくぶくと泡が出てきます。

この泡こそが炭酸ガスなのですが、泡自体に効果があるのではなく、泡がお湯に
溶けた状態で高い効果が発揮されるので、泡が出なくなったからといって心配する必要はありません。

炭酸ガスはお湯に溶けると皮膚に吸収されやすい性質に変わり、皮膚の中に入ってダイレクトに血管に働きかけて血管を拡張させます。体内に入った炭酸ガスはちゃんと排出されるので、副作用の心配をする必要もないので安心してください。


最後に、更年期症状を改善するためには、ホルモンバランスを整える事が必須です。そのためには、しっかり冷え症対策をしてホルモンの運び屋である血液の循環を正常化させる必要があるのです。

浴剤を使うと入浴による血行促進効果を効率よく高める事が出来るので、入浴する際はさら湯ではなく浴剤を使用するようにしてくださいね。

関連記事はこちらから