アトピー完治のためには、薬を上手に利用しよう!

アトピーの治療といえばステロイドというイメージが強いですね。ですが、アトピーの治療で用いられる薬はステロイドだけではないんですよ。症状の重傷度によって塗り薬や内服薬を組み合わせて治療が行われます。今回は、アトピー治療に用いられる薬の種類とその特徴についてお伝えいたします。


1. アトピー完治、ステロイド外用薬

ステロイド外用薬は最も一般的に用いられるアトピーの薬であり、免疫反応を抑制する事で、皮膚の炎症を抑える効果があります。

症状によって5段階の強さのステロイド外用薬が使用されます。皮膚が薄くなる、血管が拡張するといった副作用がありますが、自己判断で中止するとリバウンドによる症状が悪化する事があるので医師の指示をしっかり守る必要があります。


2. アトピー完治、免疫抑制剤外用薬

軽症から中等症の患者に用いられるのが、免疫抑制剤外用薬です。こちらも免疫反応を抑制して、皮膚の炎症を抑えますが、ステロイドに比べて副作用が少ないのが特徴です。一方で、皮膚の厚い部位には吸収されにくい性質を持っているため、顔や首などのアトピー治療に主に用いられます。


3. アトピー完治、抗アレルギー内服薬

外用薬で効果があまり見られない場合、内服薬も同時に使用されます。湿疹を発生させる物質やアレルギーを引き起こす免疫細胞の働きを抑制する薬が抗アレルギー内服薬です。

痒みや湿疹を抑えるのに用いられますが、効果を発揮するのに1ヶ月程度有します。副作用は少ないです。


4. アトピー完治、抗ヒスタミン内服薬

痒みやくしゃみ、鼻水といったアレルギーに特徴的な症状を緩和させるのが、抗ヒスタミン内服薬です。アレルギーを発生させる物質であるヒスタミンの働きを低下させますが、脳などに作用しやすいため、眠気やめまいなどの副作用を呈します。


5. アトピー完治、ステロイド内服薬

重症の患者に用いられるのが、ステロイドの内服薬です。効果は即効的で強力なため、その反動として副作用も強くなり、長期の服用は推奨されていません。


6. アトピー完治免疫抑制剤内服薬

重症患者でかつ他の治療の効果が薄く、広範囲に深刻なアトピーが認められる16才以上の患者にのみ使用されるのが、免疫抑制剤内服薬です。高血圧や腎臓機能の低下をまねくリスクがあり、3ヶ月以上連続で服用する事はできません。


7. アトピー完治、保湿剤

保湿剤は厳密には薬ではありませんが、アトピー治療には必要不可欠な存在です。症状を悪化させる乾燥から皮膚を守り、皮膚のバリア機能の低下を抑えます。


最後に、アトピー治療には様々な薬が症状の段階によって使用されます。アトピー完治のために必要なのは、自己判断で薬を使ったり止めたりしないという事です。薬を使用する時は必ず、医師の指示通り、量と期間、使い方を守りましょう。

関連記事はこちらから

参考
http://allabout.co.jp/gm/gc/302417/

http://allabout.co.jp/gm/gc/302414/

http://www.maruho.co.jp/kanja/atopic/suitable/medication.html