腕が痛い、だるい、効果的な自分でできる3つのツボ

腕痛い・・・だるい・・・とお悩みではありませんか?家事や力作業だけでなく、オフィスーカーにも多いのが、この腕の痛みやだるさといった不快症状です。

起きた瞬間からだるさを感じる時もあれば、痛みが気になって眠れない時もあるでしょう。
今回は、そんな腕の症状を軽減するために即効性のあるツボをご紹介いたします。


1.  腕痛いだるい,手三里(てさんり)

腕には、腕の痛みやだるさ・痺れに効果的なツボがいくつかあります。今回はその中でも、特に有効なツボを3つご紹介いたします。

1つ目は、手三里(てさんり)です。腕を曲げた時、肘の内側に横じわが出来ますよね。そのシワの外側の端から、指先の方向へ指三本分移動した所にあります。拳をギュッと握った時、少し膨れ上がる部分です。

その周囲を押してみて、痛いと感じた部分が手三里の圧痛点ですよ。押すとかなり痛いのですぐ分かると思います。

少し痛みを感じるくらいの強さで5秒ほどを3回くらいに分けて押してみてください。このツボは腕だけではなく、肩こりにも効果があり、胃やイライラにまで効くツボです。ストレスが溜まっていると感じた時は、このツボを優しく刺激してみましょう。


2. 腕痛いだるい、外関(がいかん)

次は手首にあるツボをご紹介いたします。腕の痛みだけではなく、頭が重たい症状や肩のだるさ、めまいや耳鳴りにまで幅広く効果のあるツボです。

特に、オフィスワークで腕や肩、首を酷使している方には有効です。パソコン作業で固まってしまっている筋肉をほぐしてくれますよ。外関の場所は手首にあるシワから指3本分下がった部分のちょうど中央にあります。

こちらのツボも押すと痛みを感じるので、探しやすいと思います。
親指を立ててしっかりと押してください。

ちょうど筋肉の筋に沿って、そのまま肘の方へ少しずつ指圧して解していくとさらに効果的ですよ。慢性的なだるさに悩んでいる方はぜひお試しください。


3. 腕痛いだるい,尺沢(しゃくたく)

最後にご紹介するのは、尺沢です。こちらのツボは咳や気管支炎、喘息などの呼吸器系の症状を改善するツボとして有名です。実はこの尺沢、呼吸器系だけではなく、肩こりや腕の痛み、痺れ、だるさなどにも効果があるんですよ。

特に、呼吸器が弱い方や風邪を引いている方はこのツボを押すと強い痛みを感じるので、分かりやすいと思います。尺沢の場所は、肘を軽く曲げた時に出来る横シワの中央より少し外側の位置にあります。

ちょうど筋が通っているので筋の外側を押さえてみて、痛みがあるところがツボです。親指で強めに10秒ほど押さえてください。痛いかもしれませんが、効果は抜群なので試してみてくださいね。


最後に,ツボの位置を知っていると、ちょっとした隙間時間や仕事をしつつでも対処できますよね。今回ご紹介したツボは押すと結構痛みを感じるので、分かりやすいと思います。
腕痛い、だるい症状でお困りの方は応急処置として試してみてくださいね。

関連記事はこちらから