デスクワークをする時に正しい姿勢を保つ5つの方法

デスクワークをしている時、姿勢が悪くなっていませんか?デスクワークでの姿勢の悪さは肩こりや腕のだるさ、腰痛など様々な不快症状を引き起こしてしまいます。自分で楽な姿勢だと思っていても、体が悲鳴をあげている事があるんですよ。今回は正しい姿勢を保つためのポイントについてお伝えいたします。


1. 骨盤を起こす

デスクワークでよくしがちなのが、骨盤が倒れた状態の姿勢です。浅く椅子に腰掛けて背もたれにもたれるなどの姿勢は楽なようで、体には大きな負担がかかっているんですよ。上半身を支えているのは腰です。

その腰の負荷を軽減しているのが、骨盤なのです。骨盤が倒れてしまうと、体重が全て腰にかかり、腰痛を引き起こしてしまうのです。座る時は、骨盤を起こすイメージで座りましょう。


2. 足を地面につける

そして骨盤を正常な位置に保つために必要なのが、足をしっかりと地面につけるという事です。足の裏が地面につくように椅子の高さを調節しましょう。足が宙ぶらりんになっていると、骨盤が不安定になってしまいます。

また、腰にかかった負荷を下半身に逃せなくなってしまうのです。座る時は、足を地面にしっかりつけて骨盤を安定させましょう。


3. 90度を意識する

足を地面につける時は、角度を意識してください。理想的なのは90度です。膝が直角になるように足を地面に降ろしましょう。そして、もう一つ、お尻と腰の角度も90度を意識しましょう。お尻と腰を直角にする事で、骨盤が起き、上半身をしっかり支える事が出来るのです。


4. 深く腰をかける

しかし、お尻と腰を90度に保つのはなかなかしんどいですよね。特にインナーマッスルが弱っている人は長時間のデスクワークが苦痛になってしまうでしょう。その苦痛を軽減させる方法が、椅子に深く腰をかける事です。

椅子に深く腰をかけると背もたれにもたれた状態でちょうどお尻と腰が90度になります。
背もたれの力を借りているので、楽に正しい姿勢を維持出来るんですよ。


5. 机と椅子の間隔を開けない

そして、もう一つ楽に正しい姿勢を続ける方法がこちらです。机と椅子の間隔を出来るだけ開けないようにして座りましょう。間隔が開いていないので、猫背になるスペースが生まれません。強制的に猫背にならない環境を作り出せるんですよ。


最後に、正しい姿勢はインナーマッスルを使います。デスクワークは長時間の労働なので、ずっとインナーマッスルを使いつづける正しい姿勢はしんどくなってしまいますよね。姿勢を保つためには、楽に正しい姿勢を取れるような環境作りも必要なんですよ。

関連記事はこちらから