最近急に太ったら要注意!更年期で太る3つの原因と対策法

更年期になって急に太る事が気になり出していませんか? 閉経の前後にやってくる更年期ですが、様々な症状が出て苦しんでいる女性も多いでしょう。更年期特有の症状として体重の増加があげられます。

更年期にあたる40代から50代の女性で急に太ったと感じたら危険ですよ。今回は、更年期に太りやすい原因とその対策についてお伝えいたします。


1. 更年期、基礎代謝の低下

人は老化とともに筋肉量が落ちてきます。この筋肉量の低下が顕著になってくるのが、更年期なのです。筋肉量の減少は基礎代謝の低下を引き起こします。運動など何もしなくても消費されていくエネルギーの事です。

筋肉が働くためにはエネルギーを必要とします。体全体の筋肉が減少してしまうと、効率的にエネルギーを消費できなくなってしまうのです。更年期で太りだしたら、基礎代謝低下の合図だと捉えましょう。

ウォーキングなどの運動をして、これ以上筋肉量が低下しないように気をつけてください。更年期症状がひどいと引きこもりがちになりますが、気分転換もかねて外を歩く習慣を身につけると良いでしょう。


2. 更年期、エストロゲンの減少

更年期で女性が経験する大きなイベントが閉経です。この閉経によって、様々な体調の変化が起きるのです。中でも、女性ホルモンのエストロゲンの急速な減少により、太りやすい体質になってしまいます。

実は、エストロゲンには脂肪の代謝を調節して体内のコレステロールのバランスを整える作用があるのです。ですので、エストロゲンが減少してしまうと、脂肪の代謝がうまくいかないようになり、その結果体内に脂肪を溜めやすくなってしまうのです。

これに対する対策は、食生活の根本的な見直しが必要でしょう。食事の際には野菜を始めに食べて、脂肪が吸収されにくい食べ方を心掛けましょう。

そして、食事の内容も油物は控えて、和食を中心に献立を考えると良いでしょう。


3. 更年期、脂肪の質の変化

更年期前は女性に特徴的な洋梨型の体型だったのに、更年期に入ってから男性と同じようなりんご体型になっていませんか?

りんご体型に太ってきたのなら、しっかり対策するようにしましょう。内蔵脂肪の燃焼にはやはり、運動が一番です。毎日の日課として運動する習慣をつけましょう。また、更年期の不安定な状態で脂肪を燃焼させるためには、アロマを効果的に用いるのも良いでしょう。

脂肪燃焼作用のあるグレープフルーツや食欲を抑えてくれるフェンネルなどのアロマを効果的に用いて、心身ともにリフレッシュした更年期生活を送ってください。


最後に、最近太ってきたからといって、更年期に無理なダイエットをする事は大変危険です。
骨粗鬆症などのリスクを高めてしまう恐れがあります。食事制限をするのではなく、食べ方の工夫や運動などによって体重を管理するようにしてくださいね。

関連記事