頭が痒いのは洗い方!シャンプーの使い方,5つのポイント

頭が痒い人の大半はシャンプーの仕方が間違っている!頭が痒い、フケや湿疹ができて困っている方はとても多いです。実は、頭が痒い大きな原因の一つに間違ったシャンプー方法が挙げられるんですよ。

今回は、頭の痒みを撃退するための正しいシャンプー方法についてお伝えいたします。


1. 頭が痒い、予洗いでしっかり地肌を洗う

まず、シャンプーをする前は、頭をブラッシングしてホコリや髪のほつれを取り除きます。
その後、38~40度のお湯で地肌を濡らして予洗いします。この時、シャワーヘッドを頭皮につけて濡らすようにすると効果的です。

予洗いを行う事で、頭皮についている皮脂汚れのほとんどを洗い流す事ができるんですよ。


2. 頭が痒い、シャンプーは泡立ててから使う

予洗いを行ったら、水気を手で切りましょう。そして、シャンプーに入りますが、
ここで大半の方は「シャンプーの原液をそのままつける」という大きな間違いを犯してしまいます。

シャンプーは1~2プッシュ手にとり、モコモコに泡立ててから頭皮につけるようにしましょう。原液をそのままつけると、洗い残しが発生しやすく、頭皮が炎症を引き起こしてしまうのです。


3. 頭が痒い、髪を洗うのではなく地肌を洗う

そして、注意しなければならないのが、シャンプーは毛髪ではなく、地肌を洗うという点です。頭が痒いのは、頭皮に汚れや皮脂が残ってしまっているのが原因の一つです。

指を立てて、指の腹で頭全体をマッサージするように地肌を洗ってください。襟足や耳の裏など、洗い忘れやすいので注意しましょう。


4. しっかりとすすぐ

そして、重要ポイントが「すすぎ」です。ここでしっかりとすすげていないと、頭皮にシャンプーが残り、痒みの発生源になってしまいます。シャワーヘッドを頭皮につけて地肌からしっかりとシャンプーを洗い流していきましょう。頭全体にぬるつきがなくなるまで、手をジグザグに動かしながらすすいでください。


5. 朝ではなく夜にシャンプーをする

シャンプーは朝ではなく、夜に行うようにしましょう。仕事で疲れたからといって洗髪せずに寝てしまうと、皮脂汚れなどが地肌にこびりついて落ちにくくなってしまいます。また、整髪剤などで頭皮を傷める原因にもなってしまうんですよ。

朝の忙しい時間に慌ててシャンプーすると、洗い残したり髪が濡れたままになってしまい、雑菌が繁殖しやすくなります。


最後に、頭が痒いと訴える方は、間違ったシャンプー方法で皮脂汚れが落ちなかったり、シャンプーが頭皮に残って炎症を引き起こしている事が多いんですよ。面倒だからといって適当に行わず、予洗いやシャンプーの泡立てなど頭に優しく効率的なシャンプーを行うようにしてください。