ぎっくり腰でマッサージ治療、5つの注意点

ある日突然起こる、「ぎっくり腰」経験したことがある人はわかりますが、
本当に痛くて全く動けない事もあります。治療法はいくつかありますが、

今回はマッサージ治療の効果について説明いたします。もし、今現在ぎっ
くり腰で悩んでいる方は参考になれば幸いです。


1、ぎっくり腰の原因、筋肉疲労

ぎっくり腰は名前の通り突然起こりますが、実はだいぶ前から筋肉疲労が
蓄積しているのです。ただ本人はその事に気がつかないのです。従ってマッ
サージ治療は大変効果があります。

治療家によってベテランの経験豊かなマッサージ師と学校出立ての新米で
は当然差がつきます。もしこれからぎっくり腰でマッサージ師にかかる場
合は必ずベテランの先生にかかってください。


2、ぎっくり腰の原因、脊柱起立筋の疲労

ぎっくり腰は筋肉疲労が原因ですが、その主な筋肉は背骨を支えている、
脊柱起立筋が関係しています。腰が激しく痛いと背中を伸ばせなて、前
かがみの状態になります。

これは脊柱起立筋が疲労していて伸びきった状態になっています。従っ
てこの背中の筋肉をしっかりマッサージすることは、ぎっくり腰には大
変効果があります。


3、ぎっくり腰の原因、足の筋肉疲労

ぎっくり腰は背中の筋肉がおおいに関係してますが、実はこの背中を
マッサージしただけでは治りません。同時に足、特にふくらはぎの筋
肉、ふとももの裏側の筋肉も同時に筋肉疲労を起こしています。

東洋医学の考えでは、膀胱の経絡(けいらく)に沿って反応が出てい
ます。つまり足のツボに反応があります。マッサージ治療ではこのツ
ボの反応を考慮しながら筋肉をほぐしていきます。


4、ぎっくり腰の痛みの原因は炎症

とにかく激しい痛みが特徴のぎっくり腰。その痛みの原因は腰椎4,
5番の関節部分の炎症です。痛みが激しいので新人のマッサージ師
は患者さんの体を触ることを怖がります。

腰の4,5番のあたりの筋肉は絶対に強くマッサージしてはいけま
せん。
もし治療院にかかって、この腰部分をマッサージするような
ら、すぐに「そこは辞めてくれ」と自分からマッサージ師に伝えて
ください。そうしないと、帰りに痛みがもっと激しくなって、自宅
に帰ることがとても大変です。へたするとそのまま、救急車という
こともありえます。


5、ぎっくり腰、1回で治らない

激しい痛みが特徴のぎっくり腰、マッサージにかかったからと言っ
ても1回では治りません。なぜなら炎症を起こしているから、絶対
に1回のマッサージ治療では痛みはその場では解消しません。

この事を患者さんとマッサージ師が共有していないといけません
マッサージの後は湿布をして絶対に安静にすること。間違っても
お風呂に入ったり、動きまわってはいけません。
せっかく痛みが
軽減していても、再発します。


 いかがでしたか、
今回はぎっくり腰のマッサージ治療について紹介いたしました。
参考になりましたか。ぎっくり腰の治療に巧けたマッサージ師
ばかりではないので気をつけましょう。まして、今はやりの
「ほぐしや」はぎっくり腰のときは避けましょう。