外回りの仕事で足が腫れる時に役立つ5つの栄養成分

外回りの仕事をしていると足が腫れてだるくなってしまいますよね。
足の腫れの正体はむくみです。
長時間足を使っていると下半身に負荷がかかり、リンパの流れや血行が悪くなってしまうのです。

むくみがひどくなると靴が入らなくなってしまう事もしばしばあります。
今回は足の腫れで悩んでいるあなたへ、むくみ解消に効果のある栄養成分をご紹介します。


1.外回りの仕事で足が腫れる時、カリウム

人の体内は水分と塩分のバランスで保たれています。このバランスが崩れてしまうと体がむくんで腫れてしまうのです。
特に営業職の方は外回りの際、汗をかきやすく体の中は塩分過多の状態になってしまいます。そんな時に効果があるのが、
カリウムです。カリウムは体内の余分な塩分を排出してくれます。モロヘイヤなどの葉物野菜やイモ類に
豊富に含まれているのですが、水に溶け出しやすい性質なので普段の食事からでは摂取しづらいという面があります。

そこでオススメなのがとうもろこしのひげ茶です。溶け出たカリウムを余すことなく摂取できるので一度お試しください。


2.外回りの仕事で足が腫れる時、メリロート

豆類やヨーロッパで医薬品として使用されているハーブ類に豊富に含まれている成分です。
メリロートは血液やリンパの流れを促進してくれる効果があります。普段から冷えが気になるという方は積極的にサプリメントなどから摂取すると良いでしょう。


3.外回りの仕事で足が腫れる時、シトルリンシトル

リンには体内に溜まった水分や毒素を尿として排出する利尿作用があります。体のデトックスをしたい時には持ってこいの栄養成分なのです。スイカやメロン、きゅうりなどのウリ科の食物に多量に含まれています。


4.外回りの仕事で足が腫れる時、ポリフェノール

意外にも思うかもしれませんが、ポリフェノールもむくみに効果があるのです。ポリフェノールには抗酸化作用があり、血液がサラサラになる効果があります。流動性の良い血液は循環しやすいのでむくみにくい体作りには欠かせない成分なのです。

特にオススメなのは明日葉の茎です。「カルコン」というポリフェノールを含むだけではなく、ビタミンやミネラル、食物繊維も豊富に含むため効率よく体の不要物を排出できるのです。


5.外回りの仕事で足が腫れる時、クエン酸

足の腫れだけではなく疲れも気になるという方にはクエン酸がオススメです。クエン酸は疲れ物質の乳酸を排出して体全体の代謝を促進してくれる作用があるのです。クエン酸は梅干しに豊富に含まれているので、疲れた時は1粒梅干しを食べるようにすると良いでしょう。


いかがでしたか?
サプリメントは手軽に栄養素を摂取できますが、いくらむくみ予防に良いからといって
規定量以上に摂取してはいけません。大切なのはバランスの良い食事に不足している成分を
プラスαすることなのです。