X脚を自力で改善するための3つの方法

X脚を改善したくて悩んでいませんか?X脚とは、両膝が離れてしまっているO脚とは対照的に、膝下部分のふくらはぎが離れてしまっている脚の歪みを指します。

名称通り、脚の形が膝を境にXの形になってしまうのです。X脚は内股の女性に多いため、
スカートがはけないと悩んでいらっしゃる方も多いでしょう。

今回はそんなX脚を自力で改善するための方法をご紹介いたします。


1. 仕事中の姿勢を変える

X脚は間違った日常姿勢の習慣化で、骨格や骨盤が歪んでしまう事が大きな要因になっています。特にオフィスワークをされている方は座っている姿勢が一日の大半を占めます。

この時の姿勢を矯正しなければ、根本的なX脚の改善は出来ないのです。脚の歪みに最も悪いのが、脚を組んで座る座り方です。

脚を組んでいると、楽ですが、脚の骨格には異常な捻りが加わり、負荷がかかってしまうのです。脚を湾曲させる悪因となるので、脚を組む癖は直しましょう。正しい座り方は、背筋を真っ直ぐにして椅子に座って、膝を直角に曲げて、真っ直ぐ脚を降ろす座り方です。

この時、膝とふくらはぎをぴったりくっつけるように意識しましょう。意外と辛い姿勢ですが、脚の内側の筋肉が鍛えられ、X脚が改善するだけではなく、脚のスリムアップにも効果がありますよ。


2. ストレッチで筋肉を柔らかくし鍛える

家では毎日時間のある時に、膝下を湾曲させている要因になっている、筋肉の硬化と筋力不足を補うストレッチを行いましょう。X脚は内股の歩き方やペタンコ座りによって、膝下のふくらはぎの外側の筋肉ばかり使ってしまう事から悪化していきます。

X脚を改善するためには、ふくらはぎの外側と内側の筋肉量を均衡に整えてあげなければならないのです。そのために有効なのが、ストレッチなのです。まずは、ふくらはぎの外側の筋肉の硬化を緩和させるように、お風呂あがりなどの血行の良くなっているタイミングで
脚の外側の部分をよく揉みほぐしましょう。

外側の筋肉を揉みほぐしたら、内側の筋力アップに取り掛かります。椅子に座って、クッションを膝に挟んで、2から3分間クッションを押すように力を入れましょう。膝の次は、ふくらはぎにクッションをはさんで同様に行ってください。

時間のある時に意識して行う事で、バランスの整った脚になれるでしょう。


3. 正しい歩き方でウォーキングをする

「日常の基本のき」と言えば歩行です。間違った歩き方もX脚に悪影響を与えます。しかし、正しい歩き方を身につけて、その歩き方でウォーキング運動を行えば、X脚の改善に効果が発揮できるのです。正しい歩き方とは次の通りです。

まず、背筋を真っ直ぐにして、糸で吊られているような姿勢で立ってください。その状態で、顎を引き、つま先を進行方向に真っ直ぐに向けて、足の指全体で地面を蹴って、かかとで静かに着地するようにしましょう。

この歩き方で、少し心拍数が上がる程度の早さでウォーキングしてください。筋力のバランスが整った、引き締まった脚が手に入りますよ。


最後にX脚は日常の悪習によって引き起こされます。改善するためには、日常生活から時間をかけて見直して改善していかなければならないのです。中には、病気からX脚になるケースもあるので、ひどい場合は手術をする必要も出てきます。