O脚矯正すれば身長が伸びる!その3つの真実と対処法!

O脚矯正と身長は深い関係がある事をご存知でしょうか? 日本人はO脚で悩んでいる方が
非常に多いと言われています。O脚はいわゆる骨格の歪みです。

この歪みを治す事で得られるメリットはたくさんあるんですよ。その一つが身長です。小さい頃からO脚だからと諦めずに矯正を行い、理想のスタイルを手に入れませんか?


1. O脚と身長の関係

O脚と言っても、その度合いや重傷度は様々です。誰が見てもO脚だと分かるような、歪みもあれば、自分でも気がつかない程度のものまであります。特に足の露出が多い女性がO脚に敏感と言っていいでしょう。

両足のひざとひざの間が広ければ広いほどO脚は重症の傾向があり、両ひざの間が1センチから3センチの方が多いと言われています。O脚は足骨格と骨盤の歪みからきています。

曲がった針金をイメージしていただければ良いでしょう。曲がった針金を真っ直ぐ伸ばすと長くなりますよね。要するに、O脚矯正は曲がった骨格を元に戻す事で本来あるはずだった身長に戻す事が出来るという事なのです。

ですので、矯正による身長を伸ばす効果には個人差があるのです。


2. 日常生活の改善が必要

O脚を根本的に治すためには、日常生活を見直す必要があります。確かに無理なマッサージや矯正グッズ、整体などで一瞬の矯正は可能です。

しかし、そのような対処療法はO脚改善に何の意味もありません。それは、骨格や骨盤のズレは歩き方や姿勢、立ち方などに大きく影響されるため、その根本的な原因を改善しなければ、すぐに元のO脚に戻ってしまうからです。

裏を返せば、O脚の原因となっていた歩き方や姿勢を治せば、O脚が再発する事はないのです。自分本来の持つ身長と真っ直ぐな脚を永遠に手に入れる事が出来るんですよ。


3. 筋肉のストレッチと筋力強化

O脚の原因は、筋肉の硬化と筋力の低下も関係します。猫背など姿勢が悪いと
体の中心がきちんと骨盤に乗らず、重心のバランスが崩れてしまいます。

そうなると、体は無意識の内にバランスを取ろうとして、脚の筋肉に余計な力が入ってしまい、緊張状態になります。その時、脚の外側に力が入りやすく、O脚の方は外太股の筋肉がカチカチに硬化してしまっているのです。

O脚を改善するためには、外太股や股関節の筋肉を(大腿四頭筋、内転筋)ストレッチで柔らかくして、内太股の筋力を強化するようにすれば良いでしょう。


4、ストレッチ、筋力強化方法

あまり難しく考えると長続きするしません。ストレッチは3つの方法でいいです。

A)正座して後ろに倒れる

B)開脚して前屈

C)足を折りたたんで前屈、イメージ

簡単ストレッチを専門に学びたい方はこちら、真向法へ

 

筋力強化

これはスクワット、これでで充分です。この運動は太もも強化昔から有名です。
今でも大相、プロレス、スキーなど多くに団体で行っております。


最後に、O脚矯正は楽をして出来るものではありません。

自分本来のすらりと真っ直ぐに伸びた身長を取り戻したいのなら、日常生活から根本的に見直していきましょう。