温まると痒みが発生しやすい!ももが痒い5つの原因

ももが痒い症状でお困りではありませんか?

痒みの原因が分からないと不安になってきますよね。
ももは脂肪が多いがゆえに痒みを引き起こしてしまう一面もあります。

今回はももが痒い原因を分かりやすくお伝えいたします。


1. ももが痒い、血行不良

ももの痒みの大きな原因になっているのが、血行不良です。アルコールを飲んだり、運動をしたり、お風呂に入った時など体が温まった時に痒みがひどくなるようでしたら、血行不良が原因だと考えられます。

ももは脂肪に囲まれているため、一度冷えるとなかなか温まりにくい性質があります。血行不良を起こしている時に、一気に血流が良くなると、痒みが発生しやすいのです。解消するためには、ももの血行を改善する事が必要です。


2. ももが痒い、温熱蕁麻疹(じんましん)

温かくなると湿疹とともに痒みが出てくるのが、温熱蕁麻疹です。温度差が激しいと体がアレルギーのような症状を引き起こし、痒みとともに紅い湿疹を呈するようになります。

また、温熱刺激以外にも、ストレスや食事などによっても、ももに痒みを伴う蕁麻疹が発生します。蕁麻疹のほとんどは原因不明だと言われているのです。


3. ももが痒い、接触性皮膚炎

ももは衣服の摩擦などにもさらされやすい部位です。そのため、接触性の皮膚炎を起こしている可能性もあります。湿疹や皮膚の赤みを伴う痒みは、何らかの刺激でももの皮膚が炎症を起こしているサインでもあります。

衣服についている化学物質によっても痒みが出るので、痒みが出た際に、着ていた衣服に特徴はないか確認してみましょう。


4. ももが痒い、脂漏性皮膚炎(しろうせいしっしん)

ももは脂肪が多いため、脂漏性皮膚炎を起こしている可能性もあります。
脂漏性皮膚炎とは、頭皮やおでこ、胸や背中、ももなどの皮脂の分泌が多い場所に発症し、肌のかさつきや痒みを伴う湿疹、皮膚の剥がれ落ちなどの症状を呈します。

皮脂がマラセチアと呼ばれるカビによって分解される事で炎症が起きます。抗真菌外用薬による治療と生活リズムの見直しが必要になります。


5. ももが痒い、むずむず脚症候群

ももに痒みを感じるけれど、どこが痒いのか分からない、見た目には異常がないという場合はむずむず脚症候群の可能性があります。むずむず脚症候群では動いていない時に
ももの深部の痒みを呈し、動くと症状が軽減するという特徴があります。

鉄分の欠乏や腎不全、ドーパミンの機能低下により引き起こります。
うつ病や睡眠障害の温床になるので、早期の治療が必要です。


最後に、ももが痒い時は、どのような時に症状が悪化するのかを確認しましょう。
また、生活習慣を見直す事も大切です。

むずむず脚症候群の可能性がある場合は、自力での回復は難しいので、早めに病院に行ってください。