肩こりに効果のあるネックレスに興味はありませんか!

肩こりがひどくなってくると頭痛や吐き気まで引き起こしてしまいます。
ずっと肩に重石を乗せたような感覚がとれないととても辛いですよね。

最近では、肩こりに効果のあるネックレスが多数販売されています。
身に付けるだけで効果が得られるとなると一度は試してみたくなりますよね。

今回はそんなあなたに肩こりに効くネックレス選びのポイントをお伝えします。


1.肩こりにネックレス 種類とそれぞれの効能を知っておく

肩こりネックレスといっても使われている素材や肩こりへのアプローチ方法は様々です。自分に合ったネックレスを見つけるためにも代表的な素材とその効能を知っておくと良いでしょう。

肩こりネックレスの種類は大きく4つあります。磁石を使っている物、チタンを使っている物、天然鉱石を使っている物、遠赤外線を発する物の4つです。よく知られているのは磁石とチタンではないでしょうか。

まず、磁石の効能は磁気による血行の促進と老廃物の体外への排出です。
一方でチタンは自律神経のバランスを整える作用があると言われています。

天然鉱石はどちらかと言うとチタンよりで、筋肉をリラックスさせて緊張を緩和させるという目的で使われています。また、遠赤外線は体を暖めることで血行を促進し、凝りを解消してくれる作用があるのです。


2.肩こりのネックレスは1種類に偏って選ばない

磁気を発するネックレスを着けてみたけれど効果があまり感じられなかったという理由で他の磁石を使った製品に切り替える方が結構多くいます。

同じ磁石でも製品によって効果は違うので試してみる価値はあるのですが、同じ種類の物ばかり試していては本当に自分に合った製品が見つけられなくなります。

もしかすると磁気が効きにくい体質かもしれませんし、体自体が磁気慣れしてしまっていると本来の効果が感じられないという事態にもなります。

効果がいまいち感じられないのなら磁石やチタン、天然鉱石など幅広く試してみてください。


3.肩こりとネックレス プラセボ効果の存在

実は肩こりネックレスの効能はまだ未解明な部分を多く残しています。作用原理から実際の効果検証に至るまで確実なデータが揃っていないのが現状です。

ですが、効果を感じている方が大勢いるのも現実です。実際に効果があるかもしれませんし、プラセボ効果なのかもしれません。

プラセボ効果とは実際それ自体には効果がないけれど、効果がある」と信じ込む事で効果が出てくるという物です。

お薬の世界でもプラセボ効果を利用した治療法も存在するほどなのです。
素材そのものへの効果は不明ですが、着けるのであればその効果を信じる事も大切なのです。


いかがでしたか?購入する前に少しでも予備知識があると全然違いますよね。
肩こりで苦しめられているのなら一度試してみる価値はあるでしょう。

しかし、ネックレスだけに頼らず、ストレッチや首の筋力アップなども
合わせて行っていきましょう。