ひざ痛を治そう!O脚の原因とその3つの改善策

O脚でひざ痛で悩んでいませんか?

日本には正座など地べたに直接座るという習慣があります。
その習慣が原因で日本人の約8割はO脚であるという報告もあるのです。
O脚は立ち方や座り方、足の形など様々な事が原因で起こります。

今回は様々な視点からO脚を改善するための方法についてお伝えいたします。


1.O脚とひざ痛、姿勢の改善

立っている時についついしがちなのが片足に重心を置いた立ち方です。
このような姿勢が習慣になっていると足に掛かる負荷が大きくなってO脚を
悪化させる原因になるのです。O脚を改善するにはまず足に負荷を与える姿勢を改善しましょう。

改善方法は次の通りです。まず、気をつけの姿勢で頭と背中を壁につけましょう。
つま先を約90度くらいに開けてお尻をキュッと引き締めるイメージで少し骨盤を前に出してみてください。

目安は手の平1つ分壁と隙間が空いていたらベストです。その姿勢を5分間キープして朝・昼・晩の1日3回行いましょう。

これを継続することでO脚は驚くほど改善されていきますよ。


2.O脚とひざ痛、骨盤の矯正

上半身と下半身を繋げる物が骨盤です。骨盤が曲がっていたり開いていると
重たい上半身を下半身が上手に支えられなくなり、その歪がO脚として現れてきます。

お相撲さんにはO脚の方は存在しないですよね。それはお相撲さんが日々行っているトレーニングによって骨盤がきちんと矯正されて両足に均等に負荷がかかっている状態になっているからです。

骨盤を矯正するお相撲さんのトレーニングとは何だと思いますか?それはずばり股割りです。両足を広げた開脚運動は骨盤の上に正しく背骨を乗せる効果があるのです。
開脚運動に抵抗がある方は、足の裏を合わせて両膝を開くストレッチをすると良いでしょう。


3.O脚とひざ痛、筋力の増強

O脚がひどくなる要因に運動不足から引き起こされる筋力の衰えがあります。
特に太ももの内側の内転筋はひざ痛には欠かせない筋肉です。
内転筋を鍛える事でO脚が改善してすらりとした脚にすることが出来るのです。

それでは内転筋を簡単に鍛える方法をお伝えします。椅子に浅めに脚をきっちりと揃えて座り、天井から吊られているようなイメージで上半身を伸ばした姿勢を維持するだけです。

オフィスワークの仕事や電車の中など日常の座る場面で必ずこの姿勢をキープするようにしましょう。最初は辛いですが、慣れてきた頃には真っ直ぐなスラリとした脚を手に入れているでしょう。


最後に、今回ご紹介した方法にプラスして、外反母趾や偏平足などの足裏の歪みも治すようにしましょう。

足元が歪んでいると積木崩しの原理で体のバランスが崩れていってしまうのです。
ひざ痛改善には体のバランスを正しくリセットすることが肝心なのです。