立ち仕事の救世主!腰痛サポーター選びの3つのポイント

立ち仕事で腰痛が辛いならサポーターを利用してみてはいかがですか?

最近では辛い腰痛を軽減してくれるサポーターが数多く販売されています。
腰痛が辛い時はサポーターの手を借りるのも1つの手でしょう。
しかし、サポーターといっても機能や形態など用途によって様々な物が存在します。

今回は立ち仕事で腰痛が辛いというあなたにサポーター選びの際のポイントについてお伝えいたします。


1.腰痛サポーター、重度の腰痛には固定タイプを選ぶ

ヘルニアを患っていたり、特にひどい腰痛の場合は固定タイプのサポーターを選びましょう。重度の腰痛やヘルニアは腰を動かす事自体が身体に負担をかけてしまいます。しっかりと腰が動かないようにサポーターで腰を固定するのです

この際、2重ベルトの物を使うとより固定感を得られるのでおすすめします。

固定タイプのサポーターは装着する時に力が必要になるので取り付けやすいように
滑車が付いてあるものを選ぶと良いでしょう。


2.腰痛サポーター、軽い腰痛には運動補助タイプを選ぶ

そこまで腰痛がひどくなく、痛みを軽減したり予防する目的でサポーターを付けるのならば運動補助タイプを選びましょう。サポーターの中には腰を固定するのではなく

骨盤ベルトで骨盤を安定させて腰の動きを補助するという機能のものがあるのです。運動補助タイプのサポーターを装着することで腰の負担を減らしながら動作もしやすくなります。

また、腰に張りや鈍痛を感じる場合は筋肉が緊張して硬くなっている可能性があるので筋肉の硬直防止のサポーターも利用してみると良いでしょう。


3.腰痛サポーター、お腹への圧迫感の少ない物を選ぶ

特に腰を固定するタイプのサポーターはベルトがきつくなっています。また、ベルトのお腹に当たる部分が大きいとお腹が圧迫されて苦しくなってしまいます。立ち仕事でサポーターを装着する場合はお腹への負担も出来るだけ少ない物を選ぶようにしましょう。

また、生地の素材として全体的に伸縮する物は避けた方が良いでしょう。
全て伸縮生地で出来ているとお腹にかかる圧迫が大きくなりかえって息苦しさを感じてしまいます。

おすすめなのは背中の部分だけ伸縮生地で出来ているサポーターです。腰をしっかり固定しつつお腹への圧迫も最小限に留める事ができるでしょう。


以上、今回は立ち仕事に適した腰痛のサポーター選びのポイントをお伝えしましたが、サポーター以外にもテーピング効果のあるスパッツなどもあるので一緒に使うとより一層効果を実感できるでしょう。