足裏が痒い5つの原因とその特徴!!

痒くて何も手に付かない!とお悩みではありませんか?
足裏は様々な要因で痒みを発生しやすい場所です。

白癬菌への感染をまず疑う方も多いですが、それ以外にもダニへの感染や汗やアレルギー、栄養不足などが原因となって痒みを引き起こしす。

今回は、足裏が痒い原因とそれぞれの病気の特徴についてお伝えいたします。


1. 足裏が痒い、汗疱(かんぽう)

汗疱は別名異汗性湿疹とも言われており、あせもの一種に分類されます。
水虫に似た小さな水疱が生じ、皮がむけたり再生したりを繰り返す傾向にあります。

症状が悪化したり改善したりを繰り返す場合は、汗疱を疑いましょう。
夏や汗を大量にかくなど高温多湿の環境下で発生しやすくなります。足裏の他に、手の平にもできやすいです。


2. 足裏が痒い、掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)

掌蹠膿疱症とは、名前の通り、手の平(掌)と足の裏(蹠)にできやすい皮膚病です。

季節の変わり目に発生しやすく、汗疱と同じように周期的に病状が悪化したり改善したりを繰り返します。

皮膚が赤くカサカサになって、黄色みがかった小さな膿疱や水疱が生じるのが特徴です。

掌蹠膿疱症の原因ははっきりとは分かっていませんが、差し歯に含まれている金属や
虫歯によって引き起こされ、喫煙者に多く見られます。


3. 足裏が痒い、むずむず脚症候群

中高年の女性に多く見られる病気がむずむず脚症候群です。鉄分不足やドーパミン分泌異常によって引き起こされます。夜に症状が悪化する事から、睡眠障害になりそのままうつ病を発症してしまうケースもあります。足裏の痒みやほてりを強く感じますが、脚を動かす事で症状は改善します。


4. 足裏が痒い、水虫

白癬菌への感染によって生じるのが、水虫です。足裏に小さな水疱ができるだけではなく、足裏の皮膚が硬くなったりガサガサになって皮膚が白く剥がれ落ちます。
汗疱や掌蹠膿疱症と勘違いされやすいため、病院で感染の有無を確認してもらう必要があります。


5. 足裏が痒い、ヒゼンダニ

足裏の痒みは、ヒゼンダニへの感染によっても生じます。ヒゼンダニは、人の皮膚の中でしか生息する事ができず、角質層に住み着いて産卵までしてしまいます。
赤いブツブツや水疱を呈し、痛みを伴うのが特徴です。ヒゼンダニへの感染も、素人には区別できず、医師による診断が必要になります。


最後に

足裏が痒い原因には、菌やダニへの感染と汗疱や掌蹠膿疱症、むずむず脚症候群などの非感染の物があります。

今回ご紹介したものは全て治療法が異なる上、掌蹠膿疱症やむずむず脚症候群は足裏のケアだけでは治療できないので、早期の対策が必要になります。
まずは足裏を清潔にしてムレや乾燥への対策をしっかり行うようにしましょう。

足指痒い