腕痛い症状が続いて眠れない・・・と悩んでいませんか?

もしかすると、その腕の痛みには病気が潜んでいるかもしれません。眠れないほどの腕の痛みを引き起こす原因は大きく分けて3つ考えられます。今回は腕痛い症状から考えられる3つの原因とその対処法をお伝えいたします。


1. 腕痛い症状が続いて眠れない四十肩

年を取っていくと、骨や関節、筋肉などあらゆる組織の老化が進んでいきます。中でも、肩関節の靭帯や軟骨などの老化で引き起こされる炎症が四十肩です。

40代以降にかかりやすいため、四十肩と命名されています。
四十肩になると肩関節の動きが悪くなり、悪化してしまうと眠れないほどの
肩や腕のズキズキした痛みが続くようになります。

四十肩には急性期と慢性期があります。対処法が変わってくるので気をつけましょう。急性期はズキズキした痛みがひどい状態です。

この時期は肩や腕が熱っぽくなったら冷やすようにしましょう。三角巾などで肘を固定してあげると良いでしょう。

一方、慢性期は温めるようにしてください。少しずつリハビリを
行って腕や肩を動かすトレーニングをします。そうしないと関節が
癒着してしまって、動かなくなってしまうのです。


2. 腕痛い症状が続いて眠れない、筋肉の損傷

腕には腱板と呼ばれる筋肉の束があります。転んで腕を強打したり
運動などで腕を酷使してしまうと、この腱板が損傷し、炎症を起こしたり、
ひどい場合には断裂してしまうのです。

眠れないほどの痛みが出た時は、筋肉の炎症が収まるまで局所麻酔の注射などで対処療法を行います。痛みが引いてきた後は、筋肉を再生させるための注射を打ちながら、少しずつリハビリを行って腕を動かす練習をしていくようすると良いでしょう。


3. 腕痛い症状が続いて眠れない、首の異常

首とは関係がないと思われるかもしれませんが、腕の痛みの多くは
首から引き起こされているのです。

長時間のデスクワークでの首の酷使や姿勢の悪さで首に負荷がかかる状態が続くと、
首の神経に異常が出てきます。ひどい場合は、頚椎や椎間板が変形して、
頚椎症や頚椎椎間板ヘルニアを発症してしまいます。

首には腕に関わる神経がたくさんあるので、首の異常により、
腕の神経が異常事態になるのです。この場合はまず、
根本的な生活習慣や姿勢を見直しましょう。

眠れないほどの痛みの場合は、ブロック注射や消炎鎮痛剤を病院で注射してもらいながら、ストレッチや首の筋力をアップさせるための運動を行っていくと良いでしょう。


最後に眠れないほどの腕の痛みは、自己流で対処してはいけません。余計に悪化させてしまう危険性があるのです。痛みがひどい時はすぐに病院を受診するようにしましょう。または国家資格者の専門指圧マッサージ、鍼灸師の治療をうけましょう。