足指が痒い!痒くて仕方ない!とお困りではないですか?

足指が痒くなるとすぐに疑うのが、水虫ですよね。
ですが、実は足指の痒みを引き起こす原因は水虫以外に、たくさんあるんですよ。

中には重大な病気が潜んでいる場合もあるので、
自己判断で薬を塗っていると症状を悪化させてしまう危険があります。

足指の痒みを和らげるためには、まず痒みの原因を突き止める事が大切なのです。

今回は、足指が痒い原因を詳しくお伝えいたします。


1. 足指痒い、水虫

まず足指の痒みを引き起こす代表的な病気が水虫です。
カビの一種である白癬菌が足指に感染する事で引き起こされる皮膚病です。

水虫には大きく3種類あり、皮膚がじゅくじゅくになる趾間型と小さな水疱ができる小水疱型、皮膚が乾燥して硬くなる角化型に分けられます。
特に小水疱型は強い痒みを伴い、皮膚が赤くなるという特徴を持っています。


2. 足指痒い、汗疱

汗疱は、別名異汗性湿疹と呼ばれ、いわゆる「あせも」の事を指します。
痒みを伴う時は、小さな水疱が足の裏や指の間にたくさん生じ、
時間が経つと水疱が破れてしまいます。

水虫の小水疱型と症状が似ているため、間違われやすいですが、治療法が全く違うので注意が必要です。汗疱は、強力なステロイドの塗り薬を使って治療します。


3. 足指痒い、しもやけ

秋から春先にかけて多くなるのが、しもやけです。
足指が赤く腫れあがり、我慢できないほどの痛痒さを感じます。

しもやけは急激な温度変化や末梢の毛細血管の血行不良が
原因で引き起こされます。指先が赤く腫れる以外にも、紅い痣のような斑点が
生じるケースもあります。


4. 足指痒い、神経障害

放っておくと恐ろしいのが、神経障害による足指の痒みです。
足指が痒いという症状には、神経障害で生じるピリピリした感覚を

誤認するケースもあります。足指に神経障害が
生じる大きな原因の一つが、糖尿病です。痒みだけではなく、痺れを感じる方は、
出来るだけ早く病院にかかるようにしましょう。


5. 足指痒い、掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)

手や足の指や足の裏などに突如たくさんの水疱が生じる病気が掌蹠膿疱症です。

水疱には白血球由来の膿がたまり、症状が進行すると水疱は白色から赤色や黄色
に変化します。
掌蹠膿疱症の原因はいまだ解明されておらず、
金属アレルギーが原因になっていると現在は考えられています。
治療には、ステロイド剤やビタミンD3軟膏を用います。


最後に
足指が痒い原因には、細菌の感染だけではなく、
糖尿病やアレルギーも関係しています。

原因が違えば、もちろん治療方法も変わってきます。

我慢できない強い痒みや足指の違和感、水疱などができた場合は、
早い段階で医師に診てもらうようにしましょう。