ワキガでもノースリーブが着れる!?

自分でできる3つのワキガ対策

ワキガだからノースリーブを着れないと諦めていませんか?
ワキガでも自分でしっかりと対策をすればノースリーブだって着れるんですよ。

大切なのは臭いが発生するメカニズムを知って、臭いの原因を除去することです。今回はワキガでお悩みのあなたに自分でできるワキガ対策についてお伝えします。


1.ワキガ、お風呂に浸かる

最近ではお風呂よりも手軽にできるシャワー派の人達が増えてきています。
しかし、ワキガを気にしているのならばしっかりとお風呂に浸かる事が大切です。

ワキガが発生するメカニズムは皮脂やタンパク質を多く含んだ汗によってそれを
エサにする細菌が繁殖することで臭いが引き起こされます。

ですので、臭いを予防するには皮脂やタンパク質を多く含む汗を減らす対策と細菌を増やさない対策の2つの対策をしなければならないのです。

日々シャワーだけで済ましていると毛穴の中に皮脂やタンパク質が詰まってしまいます。お風呂に浸かることでこれらの皮脂やタンパク質が溶け出しより体を清潔に保つ事ができるのです。


2.ワキガ、こまめにワキの汗を取り除く

非常に地道な対策ですが、侮ってはいけません。地味ですが、効果の高い対策なのです。
臭いの元となる細菌を増やさないためにもこまめにウェットティッシュなどで汗を取り除き
常にワキを衛生的にしておくのです。

また、汗を吸ったシャツや下着をそのままにして置くと
細菌の繁殖しやすい高温多湿の状態になってしまうので、特に夏場は下着やシャツも汗が気に
なった時点で着替えるようにしましょう。


3.ワキガ用のデオドラントを使う

ワキガに悩んでいる方は、一般のデオドラントスプレーではなくワキガ用のデオドラントを
使うようにしましょう。

ワキガ用のデオドラントはワキガの原因である汗と細菌の繁殖の両方を
ブロックする効果があるのです。

特におすすめなのがクリアネオとノアンデという商品です。
この2つのデオドラントにはパラフェノールスルホン酸亜鉛とイソプロピルメチルフェノールが含有されています。パラフェノールスルホン酸亜鉛は汗の入口をブロックして汗の分泌を抑えます。
イソプロピルメチルフェノールは高い殺菌作用で細菌の繁殖を防止するのです。

どちらも1回塗れば1日効果が期待できるので面倒臭がりの方にはおすすめです。


いかがでしたか?
面倒だと感じるかもしれませんが、少しの努力で臭いが改善するのなら試してみる
価値はありますよね。上記の対策以外でも汗が溜まりやすいワキ毛を剃る事も有効な方法です。今回ご紹介いた対策と一緒に試してみてください。

こちらも参考に