立ち仕事で足が痛い方必見!インソール選びの3つのポイント


立ち仕事をしている時、インソールを使っていますか?立ち仕事をしていると足の裏には常に負担が掛かっています。

それを少しでも和らげるのには自分や仕事内容に合った靴選びが大切です。
しかし、サイズやデザイン・機能など全ての条件を満たした靴はなかなかないですよね。

そんな時に大活躍するのがインソールです。
今回はインソールを選ぶ際のポイントについてお伝えします。


1.今の靴の問題点を洗い出す

まず一番始めにしなければならないのが今の靴の
どこが問題なのか洗い出す作業です。インソールは機能や用途によって多種多様に存在します。
ですので、自分の目的に合ったインソールを見つける必要があるのです。
靴の問題点を見る時のポイントは3つです。
「大きさや形が自分に合っているか」「靴の中が滑りやすくなっていないか」「靴の底が硬くて痛いか」
の3点のどれに問題があるのかを見て、その問題点を解決するインソールを探しましょう。


2.立ち仕事 インソール、店頭で実物を見る

インソールは通販でも買えますが、出来れば店頭で購入することをおすすめします。
それは実際に履いてみないとわからない事があるからです。
クッション性が良いと思って買っても、クッションが効きすぎてかえって足がいたくなったり

形が自分の足に合わずに結局使えなかったりすることが多々あります。それは歩く癖や立つ時の姿勢が足の形に影響するため、一人一人少しずつ足の形が変わってくるからです。

また、多機能のインソールの中には非常に分厚い物も存在します。買ったはいいものの実際に
仕事で履く靴に入らないケースも出てくるのです。店頭に行く場合はそのインソールを入れる予定の靴を履いて行くと良いでしょう。


3.高機能インソールに気をつける

一見すると機能が多ければ多いほど良いインソールの様に感じてしまいますよね。
しかし、高機能インソールには1つ盲点があります。それは足の矯正効果です。

足は先程も言った通り、歩く癖や立つ時の姿勢に大きく影響を受けます。
普段正しい歩き方や立ち方をしていないと足の形も悪くなってしまうのです。
それを理想的な形に矯正するのが高機能インソールの矯正機能です。

足を矯正する訳ですから、正しい形に戻るまでは痛みが出たり、筋肉痛になったりします。この点を知らずに買うとせっかく高いお金を出したのに、逆に痛みが強くなったと勘違いしてしまうのです。

長期的に見れば優れたインソールですが、とにかく今すぐに足の痛みを軽減したいという方には逆効果になるので気を付けましょう。


いかがでしたか?
インソールといっても値段も機能もピンからキリまで存在します。
高ければよい、機能がたくさんあれば良いというものではありません。何よりも自分の足に合うインソールを見つけることが一番大切なのです。