口臭でうつにならないための心と体の3つのケア方法

口臭でうつになってしまうことをご存知ですか?
臭いは自分のイメージにも関わってくるので、

口臭のケアには力を入れているという方も多いでしょう。しかし、口臭の気にしすぎでうつになってしまうケースが増加しているのです。

今回は口臭で悩んでいるあなたへ口臭でうつにならないための心と体のケア方法をご紹介します。


1.口臭 うつ,自臭症の存在を知る

自分では口臭が気になるのに家族に聞いても「そんな事ないよ。」と言われた経験はありませんか?
もし心当たりがあるのならばあなたは自臭症に陥っている可能性があります。

この病気は実際には口臭がないのに「自分は口が臭い」と思い込んでしまうのです。

自臭症は自分への自信のなさから引き起こされる事がほとんどです。
口臭が改善されないと悩んでいるならばまずはこの自臭症の存在を認識しましょう。

そして少しずつ自分に対して自信が持てるようにしていきましょう。
少しの努力で達成できる小さな目標を立ててそれをクリアしていくといいでしょう。

そうすることで自分にも自信が持てるようになって口臭も気付いた時には改善しているでしょう。


2.口臭 うつ,神経質にならない

口臭を気にしすぎると逆に口臭を悪化させる原因になります。
人は神経質になるとストレスを感じやすくなります。ストレスを感じると
唾液の分泌量が減り口の中が乾燥してしまいます。緊張していると口がカラカラになってしまいますよね。
それと同じ原理です。乾燥した口の中は菌が繁殖しやすい状態になります。
それによって口臭がよりきつくなってしまうのです。
口臭をケアしたいのならばまずは
口臭に対して神経質にならないようにすることが大切です。


3.口臭うつ.便秘を解消する

あなたは便秘で悩んでいませんか?

もしかするとその口臭は便秘から引き起こされているかもしれません。
便秘の方の腸内は悪玉菌でいっぱいになっています。

この悪玉菌が作る有害物質や腐敗物は
腸から抜け出し、全身に流れだしていきます。体の防衛本能でこれらの有害物質や腐敗物は皮膚の毛穴や呼気から排出されるようになるのです。

口臭は呼気に混じったこれらの物質が原因ですので、
便秘を解消しない事には口臭は改善しません。便秘を解消するのに効果的なのが乳酸菌です。毎日ヨーグルトを100g程度摂取すると良いでしょう。


最後に、口臭は心と体に大きく影響を受けます。口臭の背景には重大な内臓の病気も隠れていたりするので、

気になる場合は検査をする事をおすすめします。また、うつは内臓機能の低下を引き起こすので口臭の原因にもなり、口臭がさらにうつを悪化させます。この悪循環を絶つためにもまずは自分をリラックスさせてあげる事を心掛けましょう。

関連記事