立ち仕事の辛い腰痛を軽減させる4つの方法

立ち仕事で辛い腰痛に悩まされていませんか?日頃から立ち仕事をしていると、
腰の筋肉や背骨に負担がかかりひどい腰痛を引き起こしてしまいます。
今回は、腰痛でお悩みの方に日々のケアで辛い症状を軽減させる方法をお伝えします。


1.立ち仕事,腰痛,1日の終わりにはお風呂に浸かる

疲れたからといって簡単にシャワーだけで済ませていませんか?

腰痛でお悩みならばシャワーではなく、お風呂に浸かるようにしましょう。

1日立ち仕事をしていると体の背面にある筋肉が姿勢を保持するために使いっぱなしになり、
緊張した状態になっています。腰痛で悩んでいる方の多くはこの姿勢保持に使われる筋肉が
固まってしまっているのです。
そこで効果があるのがお風呂です。お湯の浮力で腰の負担を
軽減できるだけではなく筋肉の緊張を解きほぐす効果があるのです。

40℃程度のぬるめのお湯に20分以上浸かると良いでしょう。


2.立ち仕事,腰痛,姿勢を改善する

腰が痛いからといって片方の足に重心を置いたり、

猫背や胸を張りすぎていませんか?これらは全て腰痛を悪化させるNG姿勢です。
腰に負担をかけない姿勢は、踵をくっつけてつま先を45度くらいに広げ、顎を引いた姿勢です。
ちょうど頭のてっぺんから糸でつられているイメージをすると良いでしょう。普段から正しい姿勢を
心がける事で腰痛も軽減されていきますよ。


3.1日の終わりにはお風呂に浸かる

疲れたからといって簡単にシャワーだけで済ませていませんか?腰痛でお悩みならばシャワーではなく、お風呂に浸かるようにしましょう。

1日立ち仕事をしていると体の背面にある筋肉が姿勢を保持するために使いっぱなしになり、緊張した状態になっています。腰痛で悩んでいる方の多くはこの姿勢保持に使われる筋肉が固まってしまっているのです。

そこで効果があるのがお風呂です。お湯の浮力で腰の負担を
軽減できるだけではなく筋肉の緊張を解きほぐす効果があるのです。

40℃程度のぬるめのお湯に20分以上浸かると良いでしょう。


4.インナーマッスルを鍛える

腰痛を軽減させるには脊柱や骨盤を正しい位置に安定させる必要があります。
脊柱や骨盤を支えるのがインナーマッスルなのです。簡単にインナーマッスルを鍛える方法としては、まず椅子に座り両腕を胸の前で交差させます。その状態で上半身だけを左右に回転させる運動を3分行えば完了です。

その他にも普段から複式呼吸を心掛けたり、ヨガを行う事でインナーマッスルは簡単に鍛えられるので試してみましょう。


 

最後に、上記の方法以外にも寝る時の姿勢なども腰痛に影響を与えます。
うつ伏せは腰に負担をかけるので仰向けや横向けで寝るようにしましょう。
普段のちょっとした心掛けで辛い腰痛は改善されます。
まずは正しい姿勢や筋力アップに取り組んでいきましょう。

立ち仕事 腰痛サポーター