サラリーマン必見!靴下の嫌な臭いを予防する3つの方法

サラリーの靴下は嫌な臭いですよね。

営業など人と接する機会が多いと臭いのケアも大切なエチケットです。
靴下が臭いと接待や交渉の時に気になって身が入らない事もあるかと思います。

今回は靴下の臭いでお悩みのサラリーマンの方々に嫌な臭いを予防するおすすめの方法をご紹介いたします。


1.麻素材と5本指ソックスで予防

靴下のツンとする嫌な臭いは汗で繁殖した雑菌が出す物質が原因です。
臭いを予防するには、雑菌が繁殖しない環境にすることが大切なのです。
雑菌が繁殖する要因は高温多湿と豊富な栄養がある事の2点です。
特にサラリーマンの足元は通気性の良くない革靴であることが多く
、高温多湿になりやすいのです。それを防止するのが靴下の役割です。
適切な靴下選びをすることで雑菌が繁殖しにくい環境にすることが出来るのです。

ポイントは吸収力・速乾性・通気性です。この3つのポイントを満たすオススメの素材が麻の素材です。
麻で出来た靴下は汗を蒸発させる作用があり、抗菌・消臭作用も兼ね備えています。

また、形の面では5本指ソックスを履くと良いでしょう。5本指ソックスは足の指と指の間の汗を
きっちり吸い取ってくれるので臭い防止には抜群の効果を示すのです。


2.サラリーマン,靴下,靴の湿気をとる

靴下の臭いを予防するためには、靴をケアすることも大切です。特にサラリーマンの履く革靴は湿気やすいのでしっかりとケアしましょう。

ポイントは2足以上の靴の使い回しと乾燥させることの2点です。靴は連続して履いてしまうと常に湿った状態が維持され
、雑菌が繁殖してしまいます。最低でも1日履いたら次の日は休ませるというように2足以上の靴でローテーションを組みましょう。

1日履いた靴はすぐに下駄箱にしまうのではなく、通気のよい涼しい場所で陰干しして乾燥させましょう。
以上の2点のケアをするだけで足元の雑菌を劇的に減らす事ができるのです。
それでも臭いが気になる場合は、
市販の除菌スプレーで靴の隅々までコーティングしておくと効果的です。


3.サラリーマン,靴下,重曹で足の角質ケア

最後に、足のケアも怠らずにしっかりしましょう。
雑菌が繁殖するのは雑菌の栄養である皮脂や剥がれた角質が足にくっついているからです。

そこで大切なのが足の角質ケアです。
角質ケアにおすすめなのが重曹を使った足湯です。

重曹は皮膚の表面の余分な角質を溶かしだす効果があるのです。
洗面器に40℃程度のお湯をはり、

その中に大さじ2〜3杯の重曹を溶かしたら準備完了です。後は15分ほど足湯をすれば良いだけです。

重曹は臭いの元になる酸性の物質を中和させる効果もあるので、即効性のある消臭効果も期待できますよ。


いかがでしたか?
臭いは人の印象にも残りやすいのでしっかりとケアしたいところですよね。上記の方法はどれも簡単なものばかりですが、効果は抜群なので、一度試してみてください。

また、水虫などがある場合は臭いの元になるので、早めに治療することをおすすめします。