旦那の靴下が臭い・・・靴下が臭い原因と改善する5つの方法。

旦那の靴下が非常に臭くては、家族の洗濯ものに臭いが付いたりしては困りますね。
また旦那さんが会社から帰宅して、家の中で臭い匂いぷんぷんではこれも困りますね。
靴下の臭い匂いを改善する7つの方法です。ぜひ試してみてください。


1、足が臭くて靴下が匂う原因とは

汗と角質と雑菌が原因です。ご主人の足はきっと汗をかきやすいのでしょう。そのため一日靴を履いていると

汗と雑菌の影響で靴下に浸み込んで臭くなります。足の裏には汗腺がたくさん存在するため、靴を履いた状態だと、

1日に約コップ1杯分の汗をかくと言われています。汗をかく体質は変えられないので以下の方法を実践してみませんか。


2、靴下をまめに履き替える、

または消臭効果のある靴下をはく。足の臭いは、皮膚に住んでいる雑菌(皮膚常在菌)が発生させます。この雑菌は、足から出る汗に含まれる
古い皮脂や角質を栄養源として、臭い物質を作り出します。

また、雑菌は、高温多湿の環境を好むことが知られています。消臭効果のある靴下には、ばい菌の繁殖を防ぐ効果があります。


3、臭い靴下を洗濯方法する方法とは

臭い物質を消すためには重曹の消臭作用が効果的です。水1リットルに対し大さじ3杯の重曹をよく溶かし、そこに靴下を一晩つけておきます。

水の代わりに熱めのお湯を使えば、同時に除菌もできます。
その後、通常通り洗濯をすれば、臭いはすっかり消えているはずです。(重曹はスーパーや薬局で安く手にはいります。)


4、通気性のよい靴を履く

合成皮革の靴は通気性が悪いので、革靴や、可能な場面では布製の靴やサンダルを履くようにしましょう。

また一日履いた靴は重曹水をスプレーボトルに入れ、家に帰ってきたら靴にスプレーすると、翌日の朝に靴を履く頃には臭いが解消されます。


5、お風呂場で足の角質をとり除く

角質とは・・皮膚の一番上の表皮がはがれ落ちる前を角質と言います。特に足は刺激が強いので表皮が厚くなっており、当然角質も厚くなっております。この角質が雑菌の好む環境になります。

一般的な方法は、お風呂で足を軽石と石鹸でごしごし洗う方法です。最近では角質を剥がす効果のある成分を
含んだローションやジェルを使うようです。自分でやりやすい方法を選択すると良いかと思います。


いかがでしたか、ご主人の靴下が臭く困ってる方、少し手間がかかりますがあまり費用もかからず改善できる方法です。ぜひお試しください。ご主人から感謝されるかと思います。