一日中座っていても足がだるくならない五つの方法。

デスクワークで一日座っていても足がだるくならない方法です。
デスクワークで座って仕事をしていると、夕方には足がだるくなり浮腫みでパンパンになります。
足がだるくなるとても辛いものです。今回紹介する方法は自分で出来て足のだるさを改善する方法です。
足がだるく浮腫みやすい女性の方はぜひお試しください。


1, 下半身を冷やさないようにする。

下半身は冷えやすく特に膝から下は心臓から離れているため、血行が悪く冷えやすい個所です。

足が冷えると、血流が少なくなって冷えが進み、血流が少ないとますます足の冷えが進むという負のスパイラルにはまります。そして夕方には浮腫んできて足がだるくなってきます。

膝かけを用意したり、職場ではストッキングとは別に靴下を用意するといいでしょう。


2, デスク下で簡単な下肢運動を行う。

ヒールを履いたまま出来る簡単な足首運動。デスク下で片足づつ足首をぐるぐる回します。
次に足先をそり返します。アキレス腱を意識して伸ばすようにします。踵を突き出すように
するとアキレス腱がよく伸びます。次にヒールを片足づつ脱いで指先の屈伸運動。
こうすることで下半身の血行やリンパの流れをよくします。


3, エアコン、空調のエアーの流れを確認する。

会社のエアコンの温度設定は男性の体に合わせてあります。始業から社内でデスクワークしている女性は次第に身体が冷えてきます。

そこにエアコンの流れが自分の方面に流れているともう身体は完全に冷え切って血液の流れが極端に悪くなります。

こういう場合は会社で下着一枚着込むか、カーディガンを羽織るかします。


4, 日頃から予防運動をしましょう。

運動といっても特別ことをする必要はありません。下半身の筋力をつけたり、血液の流れを改善するにはよく歩くことです。

毎日ウオーキングが効果的です。でも時間も余裕もない貴方にぴったりの方法があります。会社の一つ手前で駅をおりて歩くことにしましょう。


5, 内臓の疲れ、水分や塩分の取りすぎに注意しましょう。

腎臓が疲れて弱っていると水分の排出ができなくなり、足がだるくなり浮腫んできます。対策としては水分、塩分の取りすぎに注意します。

腎臓の部位を温めると大変効果があります。ドライヤーで温めたり、ホカロンで温めたりします。ついでに足のツボ押しやふくらはぎマッサージまで出来れば満点です。また市販の温熱機も大変効果があります。

近いうちに足のだるさ浮腫みも解消するでしょう。