便秘になる食事改善します・・・

便秘になる食事を見直してお通じを良くする5つのポイントを紹介します。毎日お通じがないと何となく気分が悪いものです。病院へ行くほど悪くないけど、市販の薬を飲まないと出ない。ここで紹介する5つの方法を実行してみませんか。すっきりした便通が訪れるでしょう。


1、便秘には朝食をしっかり食べる。

人間が便意を感じるのは、便が直腸に到達し神経を刺激するからです。その結果、脳が「排便しろ」という命令を出すことになるわけですが、便の量が不充分では腸への命令もなく便意が起きません。

また、食事量が少なければ便を上から押し出そうとする力も弱いため、スムーズな排便がなされにくいという側面もあります。特に朝食をしっかり食べた後に腸への指令が起き便意を催します。


2、穀物、野菜をしっかり食べる。

便秘解消に効く食べ物として第一にあげられるのは食物繊維を多く含む、野菜、穀物ですが、これには2種類あり、それぞれ働きが違います。果物や海藻類などに多く含まれている、食物繊維で、腸の中でゲル状の柔らかい便を作り、出やすくする作用があります。

穀物、根菜など、繊維質の多い野菜や豆類に多く含まれる食物繊維です。水分を吸収してふくらみ、便のかさを増やし、便意を促進する働きをします。


3、便秘は水分をしっかり摂る。

便秘の原因で見落とされがちなのが水分です。水分不足は、あらゆる種類の便秘の要因となります。水分が足りないと便の滑りが悪くなり、スムーズな排便に支障を来します。また、便が硬くなってしまうため、余計に便秘は悪化します。

せっかく食物繊維を多く摂取していたとしても、水分が足りなければ何にもなりません。食物繊維が便秘に効くのは、あくまでも水分を吸収することによって膨らんでくれるためです。


4、適度な運動する、ウオーキングが良い。

女性はもともと筋肉量が少ないので、便を押し出す力が弱くなりがちです。腹筋を意識した運動を日常に取り入れましょう。

ウォーキングをすることで、腸に刺激が伝わり、ぜん動運動が促進されます。また体を横に伸ばすストレッチは腸の神経を整える効果が期待できるとされています。夕食後に行うと、睡眠時の腸の働きが活性化するのでおすすめです。


5、規則正しい生活

不規則な生活は便秘の大敵です。規則正しい時間に食事をする、睡眠時間を十分にとる、ストレスをためない生活を心がけましょう。排便に関係す腸の神経は夜12時過ぎに活動のピークを迎えるため、腸のぜん動運動を促すには夜12時には眠っていることが理想的と言えます。夜型の生活をしている方は朝型に切り替えましょう。


ひどい便秘は、こうした日々の積み重ねによって解消につながります。ここで紹介した方法は薬も使わず自然に便通を催す方法です。時間はかかりますが、じっくりと取り組んでスッキリした便利な生活を目指しましょう。

関連記事