脳梗塞、脳卒中予防マッサージ!!

今回は脳梗塞予防のマッサージ治療の効果について紹介します。ご存じかと思いますが、脳梗塞は一度発病すると、大半の方が重い後遺症に悩まされています。他の病気と違い治るということが無い、お迎えが来る日まで後遺症と向き合って生きなければ成らない恐ろしい病気です。その予防にマッサージが有効です。


 

1、脳梗塞予防マッサージ、血圧安定効果

脳梗塞や脳卒中発病の最大の原因は高血圧です。血圧が高いと心臓に負担がかかって心疾患を誘発したり、全身の様々な血管が傷つくことがあります。常に強い圧力がかかっている動脈では、血管の内側の壁が圧力によって傷ついて剥がれ落ちてしまい、動脈硬化や破裂・詰まりの原因となってしまうわけです。

脳の血管で破裂が起きれば脳出血に、詰まりが起こった場合は脳梗塞へと直結し、生命を脅かす事態に陥ってしまうこともあります。

高血圧は生活習慣病といわれ、飲酒、喫煙、塩分過剰、運動不足、油の過剰摂取などがあります。脳梗塞予防イコール高血圧予防になります。生活習慣を見直すことはとても大事です。同時に

全身の血行を改善して血流を良くする効果のある、あん摩マッサージ指圧も取り入れて見てはいかがでしょうか。


2、脳梗塞予防マッサージ、脳への血流

高血圧の状態を長い間放置して置きますと、脳内部の血管を傷つけたり、詰まって梗塞になりやすく

なります。また高血圧は傷ついた血管に圧力がかかり、脳出血の原因にもなります。

私どもあん摩マッサージ指圧師の長年の経験から、首や肩こりがひどいと脳への血流も悪くなりがちで脳梗塞や脳卒中などになりやすいと思われます。首や肩こりがひどい方は専門のあん摩マッサージ指圧師に定期的にかかり首肩まわりの血流を改善しましょう。


3、脳梗塞予防マッサージ、ストレス解消効果

高血圧の原因は生活習慣の依存度が高いですが、ストレスも高血圧の原因の一つに挙げられます。さてそのストレスですが、腎臓の上についている、小さな臓器の副腎がストレスと関係あることがわかっています。ストレスに弱い方はこの副腎からのホルモンの分泌が悪くなっているそうです。

このホルモンが抗ストレスホルモンです。あん摩マッサージ指圧はこの腎臓、副腎のあたりが固くなって凝りが強い方に、マッサージでほぐしたり、指圧でツボを刺激することによって副腎の疲労を改善、ホルモンの分泌改善、ストレス改善効果、高血圧改善効果などがあり、脳梗塞や脳卒中予防効果があると思われます。


いかかでしたか、今回は脳梗塞や脳卒中のマッサージ予防について紹介しました。日頃から高血圧でタバコやお酒が止められない方、ぜひ近くのあん摩マッサージ指圧師の治療を受けて見ましょう。

川崎市多摩区、高齢者専門訪問マッサージ