肩こりにサロンパス

あたしの子供のころからサロンパスありました。肩こりや捻挫などには必ず使っていた、懐かしい湿布薬です。他にも湿布薬は多数ありますが、効果と安さでサロンパスが一番ですよ。今回は肩こりに効果的な使い方を紹介しますね。肩こりで悩んでいる方はぜひ試してみてくださいね。


 

1、サロンパス久光製薬直伝、8の字貼り、

 

首に一枚、肩に1枚ずつ貼ります、左右で計4枚貼ります

 

出典:久光製薬

 

2、 介の字貼り、少し重症になると背骨と肩甲骨に

thumb_01   1枚ずつ、貼ります,計6枚です

thumb_02

肩こりの基本はこの首から肩にかけて貼る8の字貼りが基本です。

3、かなり重症になるともう1枚肩甲骨の脇に貼ります。計8枚です。

thumb_011

 

効果的な貼る時間は久光製薬によると、夜就寝まえに貼るのが効果的だそうです。朝には

はがしてくださいね。そのまま貼っているとかぶれ、肌荒れの原因になりますよ。

 

4、腕のツボポイントに貼る。

肩こり腕に関係しますので、合谷と三里に貼ります。

200673サロンパス1

5、足裏に貼る。

こちらは外部にサイトに詳しく載ってます。参考にしてくださいね。

 

サロンパスAの有効成分について (久光製薬から)

【サリチル酸メチル】

鎮痛消炎作用があり、筋肉や関節の痛みや腫れを和らげてくれます。

【ℓ‐メントール】
心地よい清涼感が付着直後直ぐに感じられ、痛みの緩和やシップ剤、テープ剤の肌への違和感を無くしてくれます。

【ビタミンE酢酸エステル】
血行促進作用があり、血行が良くない患部の血行良くして痛みを緩和する働きがあります。

【dl‐カンフル】
鎮痛消炎作用や血行の改善の効果があり、筋肉や関節痛の他にしもやけや軽度な凍傷にも効果があります。

サロンパスは高分子吸収体使用で肌に優しい

高分子吸収体とは、おむつや保冷剤、消臭剤や土壌保水剤に使われ、水などの吸収力に優れています。

サロンパスの基剤も高分子吸収体が使用されており、貼っている患部の汗を吸収し皮膚への刺激を抑えて、かぶれや肌荒れを起こしにくくする外用鎮痛消炎剤が基剤になっています。

そのため、汗をかきやすい夏場や寝ている間でも、サロンパスは優しく肌を守ってくれます。

※ 肌の弱い方や長時間貼りっぱなしにすると、肌荒れを起こす場合もありますので、定期的に張り替えたり、肌を休めるようにしましょう。