脳梗塞マッサージ

今回は脳梗塞の後遺症で困っている方にマッサージ治療を受ける注意点を紹介します。
全国で数は百万人とも言われている、脳梗塞の後遺症。退院あとはリハビリ病院に通院が一般的ですが
これがまた大変です。そこで訪問マッサージ治療を受けることになります。ぜひ知って起きたい要点を紹介します。参考にしてください。


1、マッサージ 有資格者にかかる。

マッサージ治療を生業としているから、当然国家資格の保持者かと一般の方は思います。
しかしながら世間では無資格者の施術院、治療院がはびこっています。それは大変な数です。
至るところで無資格治療院が開業しております。一般の方はほとんど区別がつきません。
健常な方を治療するならばあまり心配はいらないのですが、脳梗塞の後遺症をかかえている患者さんは
まったく別です。きちんとした専門知識を学んでいないと治療が危険で、身体を壊す可能性があります。
注意しましょう。ホームページなり看板等で有資格(国家資格)保持者かどうか確認しましょう。


2、脳梗塞 マッサージ、結果をあせらない

脳梗塞の患者さんの症状はさまざまです。一般の方の症状のようには行きません。脳の障害個所が回復しないことには麻痺や各種障害は簡単には回復しません。しかしながら何も治療やリハビリ等を怠って
寝たきりにしたりや自宅などで一人で在宅すると、たちまちに症状が悪化してしまいます。動かないでいるとまず床ずれ、(褥瘡)、下肢の浮腫み、関節拘縮の悪化、など様々な症状が起こります。
医学的には脳の障害が起きて3カ月以上たつと「急速な回復は回復は望めない」長期的なリハビリが必要とされています。家族をはじめ本人も辛いでしょうが受け入れましょう。


3、長期になるので医療保険は必須

一般の健常者がマッサージや指圧にかかっても、もちろん健康保険は適用になりません。しかし脳梗塞後遺症の方は麻痺や各種の障害があり今回は脳梗塞の後遺症で困っている方にマッサージ治療を受ける注意点を紹介します。
注意しましょう。ホームページなり看板等で有資格(国家資格)保持者かどうか確認しましょう。
自力で治療に通院できません。また治療が長期になるので健康保険の適用ができます。ここで注意点があります。マッサージ、指圧治療はかかりつけの医師の同意がないと保険適用はできません。ただ医師

いかかでしたか、今回は脳梗塞の後遺症で悩んでいる方のマッサージ治療の注意点を紹介しました。参考になりましたか。繰り返すことになりますが有資格者のかかってくださいね。

(東京、神奈川地区お住まいの方で脳梗塞マッサージ治療に関心ある方はぜひ問い合わせてくださいね。)
もよく分かっていて脳梗塞のマッサージ治療に理解があります。一度先生に問い合わせてみてください